閉じる
高木学園女子高等学校

ICT(情報通信技術)デザイン力を活かし
活躍する人材を育成します

情報科では、3年間で大きく2つの力を育成します。1つはコンピュータの動く原理(アルゴリズム)を理解し、システムをプログラム・設計できる力です。もう1つはさまざまな情報をデジタルの世界(ワード・エクセル・パワーポイント・イラストレーター・フォトショップなど)でデザインし表現する力です。デジタル化の進んだ社会で活躍できる力が身につきます。

情報科の特色

  • 情報系、美術系などの大学・学科含をめた幅広い進路
  • MACや一眼レフカメラを用いた幅広い表現技法を学習
  • パソコン(コンピュータ)の仕組み(アルゴリズム)やプログラミングなど実践的に学習

3年間の取り組みと到達点

希望の進路を実現するための取り組み

特徴ある取り組み

“実践”を中心としたカリキュラム

理論を学んだ後の実践を、本校はとても大事にしています。一眼レフカメラでの撮影や動画制作など、まずは自分で挑戦することでゼロから学んでいきます。3年間の制作物を作品集(ポートフォリオ)としてまとめ、3年次に卒業制作展として披露します。

女子美術大学や京都精華大学など、外部のプロによる授業

上記大学の学生と同じような最先端のグラフィックデザインや、日本が世界に誇るアニメーションについて文化的な意味から表現技法までを学べる環境があります。

3年後の到達点

情報系や美術・デザイン系の学科を含めた幅広い進路

学んだ専門知識を活かし、情報、デザイン、美術系の学科など様々な進路へ。

資格取得への取り組み

特徴ある取り組み

基礎からの徹底的な演習と指導

高校から本格的にコンピュータのプログラミングに挑戦する生徒がほとんどですが、日々進化しているシステムについて、まずは基礎から徹底的に学びます。教員は「生徒が完全に理解し、実践できるようになるまで根気良く教える」をモットーに、丁寧に分かりやすく指導していきます。

3年後の到達点

情報処理・ビジネス文書検定の合格(目標設定)

情報処理検定2級などで全国平均より高い合格率です。

ICT分野で活躍するための取り組み

特徴ある取り組み

ネットワークやアルゴリズムに関する授業

コンピュータを動かすルール(アルゴリズム)を学んだり、実際にコンピュータを動かすプログラムを作成する授業を受けます。基礎からじっくり学習し、自分で簡単なシステムを作ることもできるようになります。この過程で“論理的に思考する力”が飛躍的に向上します。

3年後の到達点

論理的に思考する力の向上

プログラミングやプロから表現技法を学ぶ中で、自然と論理的思考が身につきます。

3年間の学び(カリキュラム)

情報科のカリキュラムで大切にしていること

ICT(情報通信技術)やデザインを学びたいという入学者のニーズに応えて、専門科目を豊富に配置しています。どちらかに偏る事なくバランス良く学ぶことで、進学・就職後に「本当に使える技術力」を養成することを重要視しています。また、大学進学に向けた国語・数学・英語などの受験対策授業もしっかり受講いただけます。

  • 第1学年
  • 第2学年
  • 第3学年

国語、数学、英語、理科、社会の基礎的な学習に加えて、情報の専門科目を勉強します。
パソコンの使い方だけでなく、デザインの基礎や情報産業などについても理解を深めます。

  • 必修一般科目
  • 選択科目
  • 全科共通の選択科目
  • 特別活動
国語総合
4単位
現代社会
2単位
生物基礎
2単位
体育
2単位
保健
1単位
コミュニケーション 英語Ⅰ
3単位
家庭基礎
2単位
情報産業と社会
3単位
情報の表現と管理
2単位
特別活動
1単位
日々の学び

国語・数学・英語などの学習に加え、ワード・エクセル・パワーポイントの使い方や、情報社会の環境・デザイン基礎・情報セキュリティについても学びます。

システムを組み立てるときに欠かせないアルゴリズムやプログラミングなどについて学びます。
デザイン分野ではアニメーション作成などにも取り組みます。

  • 必修一般科目
  • 選択科目
  • 全科共通の選択科目
  • 特別活動
世界史A
2単位
化学基礎
2単位
保健
1単位
情報テクノロジー
2単位
ネットワーク システム
2単位
語句研究/数学A /英語特論/美術Ⅰ /ビジネス情報
2単位
特別活動
1単位
日々の学び

情報の組み立て方(アルゴリズムやプログラミング)、ネットワークについて学びます。また、情報デザイン力を応用したり、アニメーション制作にも取り組みます。

2年生までに学習した情報デザインの学習をさらに発展させます。
映像・音響などについても企画・編集能力を養います。
課題研究の授業では、慶應義塾大学院の先生に「問題解決法」を指導していただきます。

  • 必修一般科目
  • 選択科目
  • 全科共通の選択科目
  • 特別活動
物理基礎
2単位
体育
3単位
日本史A/地理A
2単位
情報システム実習
2単位
マルチメディア 実習
3単位
小論文/数学B /生物特論 /英語会話 /ビジネス実務
2単位
国語特論/化学特論 /英語研究/中国語
2単位
特別活動
1単位
日々の学び

情報デザインの力をさらに発展させて、映像なども取り入れた実習を行います。3年間の集大成として卒業制作を行い、卒業制作展も実施します。情報分野の検定試験にも挑戦します。

Voice

在校生の声

パソコンでのデザイン力やITパスポートを取得

コンピュータについて基礎から丁寧に学ぶことができます。プログラミングだけではなく、デザイン等も幅広く学べる点も良かったです。ライフル射撃部で忙しい中でも国家資格の「ITパスポート」を取得できた
事は自信に繋がりました。

K M さん

卒業生の声

商業科の学びをベースに、会計分野のキャリアをスタート

「基礎を大事にする」事も高木学園の学びの特徴です。私は在学中に簿記検定2級に合格し大学の希望学部にも進学できました。大学で経営や会計を学ぶ中で高木で学んだ基礎の重要性を再認識、ゆくゆくは社会に貢献し信頼される人になりたいです。

F K さん

Return to Top ▲Return to Top ▲