閉じる
高木学園女子高等学校

家庭科 (ファッションコース・フードコース)

衣食住など生活に関わる分野で活躍する人材を育成します

家庭科は、料理・ファッションに何となく興味があった生徒を3年間で「プロの卵」としてさらに学べるようになるまでのベースを養成する学科です。その他にも、保育や住環境などについても学び、一人ひとりの興味・才能を活かした幅広い進路決定をすることが可能です。

家庭科の特色

  • ファッション・フード分野を専門的に学習
  • ファッションショーや高校生レストランなど、実践→披露を行うカリキュラム
  • 推薦・AO入試対策を行い、服飾・調理系含む幅広い進路へ

希望の進路を実現するための取り組み

特徴ある取り組み

ファッションとフードの2コースからの選択制(2年次より)

1年次は調理実習・ファッションの製作の基礎を全員が学ぶ事で土台を築きます。2年次からは、被服製作を主体とした「ファッションコース」、調理実習を主体とした「フードコース」のどちらかに分かれ、より専門的且つ実践的な授業を受けます。

推薦、AO入試対策含めたきめ細やかな進学指導

大学・短大・専門学校までを対象に、推薦やAO入試等、幅広い入試対策を行います。せっかく育んだ才能を、次のステージでさらに輝く為、一人一人に合わせた柔軟且つきめ細やかな進学指導をすることが特徴です。

3年後の到達点

幅広い進学先(服飾・栄養学・保育など)

ファッション、栄養学、調理、幼児保育等、専門的分野に毎年多数進学(大学・短大・専門学校)

資格取得への取り組み

特徴ある取り組み

知識ゼロから段階的に学ぶカリキュラム

ミシンや調理器具に触ったことがない生徒も、ファッションコースであれば、1年生で基礎縫い、2年生でスカート・ワンピースの製作、3年生では裏地付きジャケット製作と段階的な独自カリキュラムがあります。フードコース生も、最終的には和・洋・中のコース料理が作れるようになります。

3年後の到達点

調理・被服製作技術検定1級の合格(目標設定)

全国平均より大幅に高い合格率を誇ります。

生活デザイン(フード・ファッション)の分野で実践力を育む取り組み

学びの姿勢特徴ある取り組み

ファッションショーの企画運営(ファッションコース)

ファッションコース生の集大成として、3年次の学園祭で大規模なファッションショーを企画実施します。自らデザイナー・製作者・モデルまたは時には裏方となり、「チームで1つのものを創作する」過程を学びます。

女子高生レストランの企画運営(フードコース)

フードコース生は3年次の学園祭で特設レストランを開設します。事前に近隣企業の方などに試食していただき、試行錯誤を重ねながら、チームでオリジナルのコースメニューを創作します。

3年後の到達点

協調性・独創性の向上

最終的にはチームでの創作活動が主となるため、協調性や様々な価値観と揉まれる中での独創力が身につきます。

3年間の学び(カリキュラム)

家庭科のカリキュラムで大切にしていること

「ファッション」「フード」いずれのコースも、生徒が失敗を恐れる事なく、授業を通して数多く実践・披露する場を設ける事を大切にしています。また、保育に関しては、同じ学園に幼稚園が併設されていることを活かし、実際に園児と関わりながら学ぶことができます。

  • 第1学年
  • 第2学年
  • 第3学年

国語、数学、英語、理科、社会の学習に加えて、生活に関わりのある衣食住の分野の基礎的な勉強を行います。
また全員が基礎的なファッション製作を行います。
授業外で生活に関わる企業見学などに出かけたり、地元のレストランとコラボで商品開発に取り組んだりします。

  • 必修一般科目
  • 選択科目
  • 全科共通の選択科目
  • 特別活動
現代社会
2単位
数学Ⅰ
4単位
生物基礎
2単位
体育
2単位
保健
1単位
家庭総合
4単位
生活産業情報
2単位
特別活動
1単位
日々の学び

国語・数学・英語などの教科に加えて、衣・食分野の基礎知識を幅広く学びます。特に、調理実習・ァッション製作を経験し、これらの分野の基礎力がつきます

「ファッションコース」「フードコース」のいずれかを選択します。
それぞれのコースでファッション製作、調理実習などを重ね、技能を高めます。
子どもと保育についても学ぶことができます。

  • 必修一般科目
  • 選択科目
  • 全科共通の選択科目
  • 特別活動
現代文B
3単位
化学基礎
2単位
保健
1単位
コミュニケーション 英語Ⅱ
4単位
課題研究
1単位
生活産業情報
1単位
語句研究/数学A /英語特論/美術Ⅰ /ビジネス情報/CG
2単位
特別活動
1単位
日々の学び

「ファッション」「フード」いずれかのコースを選択し、応用力を身につけます。実習時間が多く、専門的に実践力を養います。また、保育の授業ではこどもに接する実践も行います。

第2学年で選択したコースの勉強をさらに深めます。
秋の学園祭で、ファッションコースはファッションショーを企画・開催し、フードコースはレストランを実施します。

  • 必修一般科目
  • 選択科目
  • 全科共通の選択科目
  • 特別活動
現代文B
3単位
数学Ⅱ
2単位
英語表現Ⅰ
2単位
日本史A/地理A
2単位
課題研究
3単位
小論文/数学B /生物特論 /英語会話 /ビジネス実務
2単位
国語特論/化学特論 /英語研究/中国語 /表現メディア
2単位
特別活動
1単位
日々の学び

生活の3本柱の1つである「住」について理解し、2年生で選択したコースの専門性をより深めます。学園祭で3年間の集大成として、ショーやレストランを企画・運営します。

Voice

在校生の声

高木学園で、ファッションに関わる夢がスタート

中学生の時に「将来、洋服に関わる仕事に就きたい」と考え、高木学園の家庭科を選びました。最初はミシンを含め不慣れな事ばかりでしたが、3年間で技術力も磨けました。卒業後
は服飾系の学校へ進学し、夢の実現にむかっていきます。

A O さん

卒業生の声

高校の学びで衣装制作の夢を一歩先どり

先輩の高木でのファッションショーを見て入学を決めました。服飾系の進路を考えている人は、大学等のAO入試で、高木の授業(ファッション造形等)で作った作品を持ち込んで受験できるため、とても有利です。実技力もゼロから身に付きます。

A T さん

Return to Top ▲Return to Top ▲