閉じる
高木学園女子高等学校

TG-GATEプログラム

グローバル社会で現代〜近未来を
生き抜く力を育むオリジナルプログラム

本校で「グローバル社会で活躍できるわたし」になるため、本校で新しい教育プログラム「TG GATEプログラム」がスタートしました。これは、さまざまな分野、国境を越えてグローバルな社会で活躍できる人材となるために大切な4要素を GLOBAL(グローバルに生きる力)・ACVTIVE  LEARNING(課題解決力)・TEAMWORK(チームで協調する力)・EDUCATION(確かな学力)とし、それらを3年間で伸ばす独自の教育プ ログラムです。

GLOBAL(グローバル)/グローバルに生きる力

広くグローバルな社会で生き抜くうえで、英語の語学力を磨くだけでは十分ではありません。異なる文化的背景を持つ人のことを理解する力 や、そのような人々と積極的に関わり協力関係を築く力などもとても大切です。本校では「実践的な英語力」・「異文化・日本文化の理 解」・「英語+1(第二外国語)」の向上に集中的に取り組み、皆さんがグローバル社会で活躍するための基礎力を養います。

最新のトピックス

Susan先生とのお昼休み会話教室
(Chat Café)

毎週水曜日のお昼の時間に、アメリカ人のSusan先生と自由に会話の練習ができる"Chat Café"を設定しています。授業で少し恥ずかしいと思って話せなかったことでも、お昼休みにはもっと気軽に英語で話すことに挑戦できます。

グアム修学旅行

2年生の生徒たちが、異文化の理解のためにグアム修学旅行に参加します。現在はその準備のため、グアムの歴史や紀行・文化について事前に調べたり、英会話の練習を行ったりしています。

台湾の女子高校と交流スタート

台湾・台北市内の私立女子高等学校・金甌女中の生徒さんたちと本校生徒たちがFacebookやメールで交流をはじめました。日本語・英語・中国語を使って、お互いの学校生活を報告したり、共通のテーマについて話し合ったりしながら交流しています。

実践的な英語力

慶応大教授監修の英語プログラム

慶応大学田中茂範教授の監修により4技能(読む・書く・聞く・話 す)重視の実践的な英語プログラムを実施します。

イングリッシュキャンプ

2泊3日で、英語だけを使うキャンプを実施します。個人の英語スピ ーチや、チームごとの英語ドラマ制作などに取り組みながら、楽しく 英語に触れます。(普通科1年生の取り組み)

異文化・日本文化の理解

海外の姉妹校との交流

8月に短期留学でオーストラリアに滞在し姉妹校のセント・モニカ・カレッジの生徒さん達はどと交流します。同校生徒を受け入れる交流事業も実施しています。

茶道体験など

1年生全員が茶道体験を行います。作法だけでなく、その根底にあるおもてなしの心についても学びます。また、歌舞伎や和太鼓などの日本の古典芸能の鑑賞を通じて日本文化を体験・理解します。

英語+1(第二外国語)

中国語・韓国語の授業

第二外国語教育として3年選択講座で「中国語」を設置。近隣のアジアの国との交流がますます活発になっていることをふまえて、「韓国語」などの講座も設置します。

中華学校との交流

横浜にある中華学校と交流を行っています。言語だけではなく、文化・風習についても知る事ができます。

ACTIVE LEARNING(アクティブラーニング)/課題解決力

課題解決力を養うためには、実際の社会で起きていることに触れたり、考えたりすることが大事であると考え、インターンシップや、企業とコラボレーションによる課題解決プログラム(商品開発など)を実施しています。2016年度は、キングジムさんと2年がかりで、小さく持てるマスキングテープ「KITTA(キッタ)」を開発し、発売しました。

最新のトピックス

KITTAの開発風景

希望者の生徒たちがキングジムさんと文房具の共同開発に取り組みました。2年近くかけて開発した、小さく持てるマスキングテープ「KITTA」は年間販売個数を3ヶ月で売り切るほど人気商品となりました。第2弾の商品も発売されたり、アジアの国でも発売もされるほどのヒット作となりました。

商業3年「課題解決」授業

商業科の3年生は、社会の問題に注目して、それをどのように解決することができるかを考える「課題解決」の授業を行っています。慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科の先生方の監修で、デザイン思考を取り入れた授業を行っています。

企業とのコラボレーション

商品開発

様々な企業と毎年、商品開発を行っています。写真はプレシアさんとオリジナルティラミスを開発した時に、生徒たちが実際にスーパーの店頭販売をさせていただいた様子です。

「顧客の声」調査

家庭科では、学園祭のお弁当開発で、実際に近隣の企業で試食をしていただき、お客様の声をリサーチします。

TEAMWORK(チームワーク)/チームで協調する力

本校では、学校行事・授業(グループワーク)・クラブ活動など様々な活動を含めて、チームとして協働する力を3年間で向上させます。この力は、大学入試改革で学力の三要素として今後さらに重要視されてくものです。学科や学年を問わず、様々な生徒がともに何かを行ってチームワークを築く機会を重視しています。

最新のトピックス

家庭科2年生のファッションショー

家庭科2年生(ファッションコース)の生徒が、自分で製作したスカートやワンピースのショーを行いました。デザイン・製作・パフォーマンスの力が養われます。

生徒会活動

生徒会の生徒たちが中心となって、より「自立した女性」になるための学校づくりに挑戦しています。その一貫として、「学校かばんの改善」に取り組んでいます。

委員会(高木祭実行委員会)

クラス、部活だけでなく委員会でも生徒たちがチームとなって行動します。高木祭実行委員会は、半年程度の期間に学園祭の内容・告知方法・運営などを企画し、実行していきます。

グループワーク・クラブ活動

グループワーク

本校の授業では多くのグループワークが取り入れられています。学科関係無く、様々な人と一緒に行うプロジェクトもあります。

クラブ活動

バトントワリング部やダンス部などのクラブも活発です。多くのメンバーで努力し、1つになるという体験を通して学びます。

EDUCATION(エデュケーション)/確かな学力

3年後、みなさんの多くが挑戦する「大学入試」のために、確かな学力を向上させます。2018年度より普通科では、難関私大受験への対応により即したカタチに、カリキュラムに一部変更を加えます。また、予備校などから講師を招き定期的に受験セミナーを実施します。以下は、TG GATE PROGRAMの教育概念です。これは、4つのチカラ全ての向上に活かされます。

「TG GATE PROGRAM」の教育概念
学力向上のために
Return to Top ▲Return to Top ▲