閉じる
高木学園女子高等学校

理事長日記

そこに”ドラマ”が欲しい – 商業2年生CM制作

2017年7月3日

先週金曜日の放課後に、商業科2年生マーケティングコースの生徒たちが私のもとを訪ねてきました。

 

生徒たちは、本校の部活のPRを行う「CM制作」を行っているのですが、その絵コンテを見せに来てくれました。

生徒たちの絵コンテを見ながら、CMのストーリーを聞いたのですが、印象は

「とても真面目・・・」。

 

 

 

一生懸命考えた様子がうかがえるのですが、そこに”ドラマチックな要素”が少々欠けているように思いました。初めてその映像を見る人は、起承転結というか、ドラマがあってはじめて

「すごい!面白い!この部活についてもっと知りたい。」

と感じてくれる、ということを生徒たちにも伝えました。すると

「先生!私たち、もう一度考え直すので、月曜日の朝一番にもう一度見てもらえますか?」

朝8時に生徒たちを待ったところ、そのうちの一つのグループの生徒たちが8:00ちょうどにやって来ました。しっかり再検討した様子が伝わってきます。彼女たちの話をじっくり聞いて「こことここをつなげたら、より一層よくなるんじゃない?」と伝えたところ

そうします!

とのこと。これから撮影~編集と(企画したことを実際に形にしていくのが)大変かとは思いますが、ぜひ人々の心に残るCMを完成させてほしいと期待しています。


Return to Top ▲Return to Top ▲