閉じる
高木学園女子高等学校

理事長日記

桃の花のいけばな

2018年2月20日

今日は華道家元・池坊の森由華先生にご来校頂いて、華道部の生徒と有志の生徒で桃の花のいけばなに挑戦しました。

 

 

「桃の花は、枝がとてもしっかりしているので、はさみの使い方にも工夫が必要です。」

と森先生が丁寧に教えてくださいました。

 

 

 

 

 

枝はいくつかの方向からか斜めに切り込みを入れていきます。そして、ぐっと力をこめて剣山に枝を固定します。(枝の向きを変えるのは、その後です、と教えていただきました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

主役の桃をいけたら、次にその他のお花や葉をどのように組み合わせるか考えながらいけます。

 

 

 

 

 

この後、生徒たちはどのような作品を完成させたのでしょうか?校内に飾られている作品をご覧ください。(いけた生徒によって、一つひとつの表情が異なるのも見ていて楽しいですね。)

なお、生徒たちがいけた後、森先生がいくつもの作品をいける様子を皆で勉強させていただきました。

 

 

流れるように(ですが、お話をされながら)森先生はどんどん作品を創られます。

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

先生の作品は、やはり圧巻!です。

お花の力、そして先生ご自身のエネルギーを感じます。

森先生、お忙しい中、ご来校下さいましてありがとうございました。


Return to Top ▲Return to Top ▲