閉じる
高木学園女子高等学校

理事長日記

33年目のフィナーレ、そしてこれから

2018年3月25日

今日は吹奏楽部の定期演奏会が行われました。

吹奏楽部の在校生とたくさんのOGの皆様が演奏を披露してくれました。

今日は吹奏楽部定期演奏会の中でも特別な意味を持つ日でした。というのも、本校吹奏楽部を創部して33年にわたり指導して下さったK先生が今年度末で勇退されるため、一つの節目の定期演奏会だったからです。

K先生の後を継いだ現在の顧問のN先生が、OGの皆様に突撃アプローチ(勇退されるk先生の最後の定期演奏会に力をかして頂きたいというお願いのご連絡)のエピソードも感動的でした。

人のつながりの素晴らしさを感じた定期演奏会でした。K先生、これまで本当にありがとうございました。

これからは、K先生の部をN先生が継いで部を引っ張ってくれると思いますので、またぜひ折にふれいらして下さい。


Return to Top ▲Return to Top ▲