閉じる
高木学園女子高等学校

理事長日記

センター試験~その先へ

2019年1月21日

この週末はセンター試験でした。

3年生でセンターを受験した皆さん、お疲れ様でした。手ごたえはどうだったでしょうか?

英語のリスニング問題で、”What might the character look like?” という質問に対する選択肢の絵が面白いと話題になっていますね。(たしかに、試験中にいきなりこの絵が出てきたら笑ってしまうだろうな・・・というキャラクターが登場していました。)ざっと問題を見てみましたが、センター試験はやはり「時間内にパッパッと正解を選択できるかどうか」が問われていますね。

センター試験で十分に実力を発揮できた皆さんは、この後の大学入試本番もぜひこの調子で頑張ってください。

センターでうまく行かなかったという皆さんも、中にはいるかもしれません。でも、私はそんな皆さんにこそ

「ここからまだ挽回の可能性は大いにあるから、最後の最後まで絶対にあきらめないで!」

と伝えたいと思います。

というのも、私自身がはるか昔にセンターを受けた際に、そのような経験をしているからなのです。私はセンター試験の日に大変緊張し、まったく満足のいく結果が残せませんでした。しかも、そのセンター試験の直後に追いうちをかけるように、12月31日に受験した第一志望の大学のそっくり模試の「恐ろしい」結果(E判定!)が戻ってきたのです・・・。本番1か月前にして、私の人生はもうダメだ、と思いかけました・・・。ですがその時、これ以上悪くなることは無い!と妙に開き直って、1か月の間、「寝る時間(6時間)」「ご飯」「お風呂」以外のすべての時間(=一日約15時間)勉強して、何とか結果を出すことができました。こんな火事場の〇〇力・・・。でも、合格は合格です。

ですから、受験生の皆さんには、ぜひ最後の最後まであきらめずに進んでほしいと心から願っています。

そのためには、「体調を整える」ことは絶対必要な前提です。風邪やインフルエンザにはぜひ注意してください。(ちなみに、私は先日ここでもご紹介した「緑茶でうがい」を続けています。今のところ快調!です。)

 

写真は、大宮エリーさんの個展「Beautiful Days ~ 美しき日々~」(撮影・投稿がOKの個展でした)で展示されていた絵です。皆さんがこれから未来に向かう窓が開きますように。


Return to Top ▲Return to Top ▲