閉じる
高木学園女子高等学校

理事長日記

ラストランナーとしてバトンを渡す

2019年4月6日

 

 

 

 

今日から2019年度が始まりました。

在校生の皆さんは1年進級して新しい生活をスタートさせることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の始業式の中で、生徒部の先生から大変良いお話がありました。

「多くの皆さんは、今日、遅刻も無くしっかり行動できているなと、今朝校門で皆さんに会って感じました。

皆さんの高校生としての行動は、本当に安心できると感じます。

そんな皆さんには、今年度大きな役割があります。

それは、高木学園女子高等学校のラストランナーとしてしっかり走り続けること。

そして来週英理女子学院高等学校に入学してくる1年生に、皆さんからバトンをしっかり渡すこと。

それをぜひ今年度、お願いしたいと思います。」

まさに生徒部の先生が話をしていたように、

これまで長く続いてきた高木学園の良いところを、英理女子学院の1期生に受け継いでもらえるよう

高木学園女子高等学校のラストランナーとして誇りを持って1年を過ごして頂きたいです。

今年度もどうぞよろしくお願いします。


Return to Top ▲Return to Top ▲