閉じる
高木学園女子高等学校

理事長日記

青春を詰め込んだCM制作

2019年6月11日

今日は商業科2年生マーケティングコースの「マーケティング」授業にお邪魔しました。

今、このコースの生徒たちは、本校の「部活」のCM制作に取り組んでいます。

1分という短い時間の間に、「こんな部活、面白そう!いいな!」と思うストーリーを構成して、表現します。

「物の魅力をどのように引き出して、伝えるか」 ‐ マーケティングの考え方の核を、部活のCM制作を通じて学んでいます。

生徒たちの絵コンテ(どのようにCMが展開していくかを示した、シーンごとのマンガのようなもの)を見せてもらいながら、グループごとの発表を聞きました。どのグループも一生懸命取り組んでいる様子が伝わってきたのですが、あるグループが

「ここで自己PRをしたいと思います!私たちはこのCMに青春の思いつく限りを詰め込みました!」

と宣言。これまで、何年もマーケティングコースの生徒たちのCM制作の絵コンテ発表を聞かせてもらっていますが、自己PRが登場したのは初めてでした(笑)とても熱意を感じました!

絵コンテを描くという状態にするまでも、色々苦労があったと思います。

この先

  • 〇 絵コンテ&ストーリー展開をさらに「ドラマチック」にして、人の心に響くようなCMにする
  • 〇 実際に撮影して編集する
  • という、大変な行程が続きます。
  • 「青春の思いつく限りを詰め込んだCM」と生徒たちがPRしてくれたものが実際にどのような形になるのか、楽しみにしています。Good Luck!

Return to Top ▲Return to Top ▲